脊椎分離、すべり症

発育期〜青年期における激しいスポーツ、生まれつきによる脊椎の関節突起が離れている状態を脊椎分離症という。
分離症が原因で、あるいは高齢になり、腰椎周辺の靭帯がゆるみ、脊椎椎体が前後方向に移動することを脊椎すべり症という。

症状

腰痛、特に後屈に痛む。神経根や脊髄の圧迫により、腰部の痛みや、下肢にしびれをみることがある。

治療