変形性脊椎症

脊椎椎体の上・下面を形成する終板の辺縁から骨の異常増殖や靭帯の石灰化による骨棘が突出し、しばしば椎間板の変性や亀裂を生じている疾患。

原因

骨格が太く、肥満気味といった体質も原因となるが、不自然な姿勢や重労働により、腰部に異常な負担がかかって生じることが多い。

症状

治療

※自分で注意すること