星状神経節ブロック治療について

星状神経節とは、首の前方にある自律神経の一つです。
この神経は、顔、首、胸、腕などの血液の流れを調整しています。
この神経を局所麻酔薬でブロックして、一時的に神経の緊張を取り、血液の流れをよくします。血液をよくすることにより、痛みや痺れ、その他の炎症症状を取る治療です。
当院ではこの方法を顔の痛みや、肩こり、上肢の痛み、痺れ、難聴、その他さまざまな疾患に用いています。

注射の時はあおむけに寝てもらい、肩甲骨の下にバスタオルを入れます、あごを軽く反らせて、口を少し開けていてください。できれば襟元が十分に開く服装が理想です。

星状神経節の周囲には、声を出すために喉を震わせる神経や、腕や手を動かすための神経があります。薬の広がり方によりそれらの神経も一時的に麻痺することがありますが、局所麻酔薬を使用しているので必ず元に戻りますので心配しないでください。

当院では専門の麻酔医が治療を行っており、安心して治療を受けて頂けます。
初めてこのブロック治療を受けられた方は、できれば翌日、あるいは都合のつく日に受診していただき、治療の効果を診察させてください。この方法は一度だけでは効果が出ない場合もあり、何回か続けると効果が出てくることもあります。